建築家と建てるおしゃれで高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

注文住宅の断熱工法とは?外断熱や内断熱、基礎断熱の違いや特徴を紹介

家づくりノウハウ
公開日:2023.10.31
最終更新日:2024.02.04
R+house大分西の家づくり写真
R+house大分西の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.10.31
最終更新日:2024.02.04

注文住宅の断熱工法とは?外断熱や内断熱、基礎断熱の違いや特徴を紹介

ウッディな落ち着くリビング
この記事では、注文住宅の断熱工法としてよく耳にする外断熱や内断熱、基礎断熱などの違いや特徴を詳しく解説しています。後半では、大分市の気候や住まいづくりのポイントにも触れています。

高断熱な住まいを実現するためには、断熱工法の違いを知っておくことが重要です。ぜひ参考にしてみてください。

目 次

住宅の断熱工法「外断熱」と「内断熱」の違い

住宅の疑問
断熱工法とは、屋根や壁などに断熱材を設置する工法のことです。断熱材を適切に設置することで、夏は涼しく冬は暖かい住環境を維持できます。
住宅の断熱工法は大きく分けて、外断熱と内断熱の2種類があります。それぞれどのような違いがあるのか確認しておきましょう。

外断熱(外張り断熱)

外断熱とは、構造躯体の外側に断熱材を設置する工法です。外断熱は外気に近い部分で建物全体を断熱材で覆うため、断熱性能が高いところがメリットです。外気温の影響を受けにくく、夏は涼しく冬は暖かい住まいが実現できます。躯体の外側と室内側での温度差を抑制し壁内結露を抑えるので、住宅性能の劣化も防げます。

一方で、内断熱に比べるとコストがかかる傾向があります。また、外断熱は壁が分厚くなるので敷地にゆとりが必要です。狭小地での計画や間取りにこだわりたい場合は、制限が出る可能性があるので注意が必要です。

外断熱で使用する断熱材は限られており、ウレタンフォームなどの発泡プラスチック系断熱材が主流です。

内断熱(充填断熱・内張り断熱)

内断熱は、構造材の間に断熱材を充填する工法です。内断熱と充填断熱は厳密にいうと異なっておりますが、内断熱の1種として扱われることが多くなっています。
内断熱は、日本の住宅では一般的に使われている工法で、柱と柱の間や天井、床下など構造部材の隙間に断熱材を充填します。RC造の場合は、室内側のコンクリートに沿って断熱材を設置します。

内断熱は外断熱と比較すると、コストを抑えられる傾向があります。また、構造部材の内側や室内側に設置をするため外壁の厚みに影響を及ぼすことがなく、間取りや土地の広さの自由度を保ったまま施工できます。

一方で、外断熱と比較すると、断熱性能や気密性能が劣る点がデメリットです。外断熱のように建物全体を断熱材で覆っていないので、施工方法や施工技術によっては断熱材がない部分が生まれます。さらに、壁の外側には断熱材がないため壁の外側と室内側で温度差が発生し、気密性が低いと壁内結露が起こるリスクがあります。

内断熱は比較的様々な種類の断熱材が使用でき、繊維系断熱材や発泡プラスチック系断熱材、吹きつけ型の発泡ウレタンフォームなどが検討できます。

床断熱とは

フローリングとおもちゃ
床断熱とは、1階の床下部分にある床組みの根太や大引きの間に断熱材を充填する工法です。一般的には、繊維系断熱材や発泡プラスチック系断熱材を使用します。普及している工法なので施工しやすく、比較的コストを抑えられるところが特徴です。床下に断熱材を設置しているので、床からダイレクトに伝わる寒さや暑さを防げます。リフォームができる工法なので、性能が低下したときに施工し直すことも可能です。

一方で、配管周りやユニットバス周りなど施工が難しい部分は、気密性が低下しやすいです。施工できる断熱材の厚みに制限があるので気密性が低下すると冷気が流れ込みやすくなり、寒さを感じる原因になります。

基礎断熱とは

住宅基礎工事
基礎断熱とは、住宅の基礎の立ち上がり部分を断熱材で覆う工法です。主に発泡プラスチック系断熱材を使い、断熱性能を高めます。床断熱は床下までしか断熱をしませんが、基礎断熱では基礎部分も住宅と同じように扱い、基礎部分を囲むように断熱材を設置します。

基礎断熱には基礎立ち上がりの外側に断熱材を設置する「基礎外断熱」と立ち上がりの床下空間側に断熱材を設置する「基礎内断熱」がありますが、現在はシロアリ対策を考慮して基礎内断熱が主流となっています。

基礎断熱は基礎部分を断熱材でしっかりと覆うため、気密性と断熱性能が高いところがメリットです。床下に入り込む冷気を遮断できるので、床冷えを感じにくくなるでしょう。また、床下空間を有効活用できるようになるので、床下エアコンやパントリーなどの設置も検討できます。

一方で、シロアリ被害が拡大しやすいデメリットがあります。床断熱の場合は床下の風通しがよく、シロアリが発生しにくい環境を作りやすいです。

もし、シロアリが発生しても床下に空間があるので目視や調査で確認できます。基礎断熱の場合はシロアリ被害を目視で確認することが難しく、気付いたときには被害が拡大している可能性があります。シロアリ対策をしたうえで基礎断熱をするなどの工夫が必要でしょう。

断熱材の種類

TYPEと書かれたブロック
ここまで解説してきたように、住宅の断熱性能を高めるには様々な工法を用いて断熱材を設置することが欠かせません。断熱材とは熱伝導を遅らせて、室外と室内の温度の行き来をしにくくする素材のことです。住宅に使用する断熱材には、主に下記のような種類があります。
表 断熱材の種類と特徴
工法や建材によって使用できる断熱材は異なるので、施工前に確認しておくことが大切です。

>>注文住宅を建てるなら知っておきたい断熱性能!大分市の気候も解説
>>注文住宅の断熱性能とは?大分県大分市のUA値による室温と光熱費を比較

大分県大分市の気候や住まいづくりのポイント

黒板に書かれたポイントの文字と電球のイラスト
大分県大分市は、九州の東端に位置する地域です。海や川が近くにあり市域の半分を森林が占めるなど、豊かな自然に囲まれています。

JR日豊本線・久大本線・豊肥本線の3路線に加えて高速道路にもアクセスしやすく、九州の各地域に移動しやすいエリアです。子育て支援や移住支援に力を入れており、マイホームを検討しやすくなっています。

大分市は瀬戸内海気候に属し、雨が少なく暖かいです。年間平均気温は17.4度、1月の平均気温は6.6度と冬季も厳しく冷え込まず過ごしやすいです。年間降水量は1,452.5ミリで、台風などの影響がなければ比較的少ないです。断熱性能の高い住まいを実現することで、季節を問わずより快適に暮らせるようになるでしょう。

また、年間日照時間は2,000時間を上回っており、太陽光発電の設置や自然光を取り入れた間取りも検討しやすいです。

参考元:大分市『大分市の特性』
参考元:大分市『大分移住応援サイト』

>>大分市の住みやすさは?交通利便性と騒音への対策も解説

大分県大分市で高断熱な住まいを実現するなら「R+house大分西」にお任せください

2階の大きな窓が印象的な白い外観の家
R+house大分西は、高断熱・高気密・高耐震な質の高い注文住宅を提供しています。断熱性能は大分エリアの5、6地域のUA値の基準値である0.87を大幅に上回る「0.46」を基準にしています。

また、設計のプロである建築家と家づくりをすることで、家族の思いや理想を形にします。R+house大分西では随時個別相談やイベントを実施していますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

>>夏は涼しく冬は暖かいR+house大分西の家づくりについてはこちら
#大分県大分市#注文住宅 #新築 #高断熱 #家づくりの基礎知識 #性能 #基礎

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house大分西の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.04

高気密・高断熱住宅とは?大分市は何地域?

R+house大分西の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.04

上手な土地探しのポイントとは?自然いっぱいの大分市の特徴と魅力

R+house大分西の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.04

建ぺい率・容積率とは?大分市で納得のいく土地選びのために基本を知ろう

R+house大分西の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.04

新築の外構工事を計画する前に!基礎知識や後悔しないポイントを確認しよう

前へ
大分市の住みやすさは?交通利便性と騒音への対策も解説
気密と換気の関係性・換気効率を上げるための気密性能とは?大分県大分市の家づくり
次へ
大分市の住みやすさは?交通利便性と騒音への対策も解説
気密と換気の関係性・換気効率を上げるための気密性能とは?大分県大分市の家づくり

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

お客様の声
いただいたお客様の声を紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

R+house大分西の家づくり写真

強み・こだわり

R+house大分西は、「R+houseによる家づくり」「GARDENS GARDENによる庭づくり」をトータル提案しています。
いい家はいい家づくりから、建築家とつくる飽きのこない唯一無二なデザイン、夏は涼しく冬は暖かい高性能な住宅を提供します。

R+house大分西の家づくり写真
おしゃれな注文住宅の写真を紹介します

R+house大分西の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

大分西studio
住所
大分県大分市寒田1057-1 calm1 2階
幕張model
住所
千葉県千葉市花見川区幕張町5丁目417-7 幕張ハウジングパーク区画22
八千代studio
住所
千葉県八千代市島田台790-1