建築家と建てるおしゃれで高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

ZEHとは?大分市で建てるZEH住宅のメリット・デメリットや制度も詳しく解説

家づくりノウハウ
公開日:2023.06.29
最終更新日:2024.02.04
R+house大分西の家づくり写真
R+house大分西の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.06.29
最終更新日:2024.02.04

ZEHとは?大分市で建てるZEH住宅のメリット・デメリットや制度も詳しく解説

ZEHの積み木と家
ZEH住宅とは、省エネ性能を高め、自然エネルギーを活用する新しい時代の住まいです。では、ZEH住宅を導入するメリットとデメリット、認定の条件や補助金の制度にはどのようなものがあるのでしょうか?
大分市でZEH住宅を建てる際の地域区分やZEH基準などと併せてご紹介していきます。

目 次

ZEH住宅とは?

ZEH(ゼッチ)
ZEHとは、「net Zero Energy House」の略称で、エネルギー収支を実質ゼロ以下にする家のことです。つまり、自分たちで消費する分のエネルギーは自分たちでまかない生活していくことになります。ZEHで用いられる代表的な創エネ手段は、太陽光発電です。

これらを実現するには、エネルギーを使う総量自体の削減も必要です。例えば、窓や壁の断熱性を上げることで、エアコンで調整された空気の熱が外に逃げにくくなり、省エネに繋がります。他にも、高効率な給湯器を利用しエネルギー消費の無駄をなくすことも、同様に省エネとなります。
つまり、ZEHとは省エネ、創エネを行い、かつ高い断熱性と気密性を組み合わせることで、エネルギー消費を最小限に抑える仕組みと言えます。

>>高断熱高気密の家のメリットとは?

ZEH住宅の認定条件とは

ウッドデッキが目隠しされた白い外壁の家
ZEH住宅として認められるには、3つの基準をクリアする必要があります。これら基準を全て満たすことでZEH住宅として認められ、様々な税制優遇を受けられます。

① 強化外皮基準(1~8地域の平成28年省エネルギー基準(ηAC値、気密・防露性能の確保等の留意事項)を満たした上で、UA値 1、2地域:0.40[W/㎡K]以下、3地域: 0.50[W/㎡K]以下、4~7地域:0.60[W/㎡K]以下) 
② 再生可能エネルギー等を除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量削減 
③ 再生可能エネルギー等を加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上の一次エネルギー消費量削減 

なお、ZEH住宅の認定基準は各地域で異なった数値が設けられています。その理由は、地域ごとに気候の差があるためです。
ZEH認証の取得を目指しているのであれば、予めその地域のZEH基準を確認しておきましょう。

ZEH住宅を導入するメリット、デメリット

住宅のメリットとデメリット
ZEH住宅を導入するには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?以下に、ご紹介していきましょう。

ZEH住宅を導入するメリット

・光熱費を下げられる
・快適な室内環境を維持しやすい
・エネルギー消費を減らし地球温暖化を抑制できる
・ZEH導入時に国や自治体から補助金を得られる場合がある
・住宅ローンの控除を受けられる控除限度額が増える(新築に限る)

ZEH住宅導入の最大のメリットは、毎月の光熱費を下げられることです。
エネルギーの使う量を減らし、その分を太陽光発電で造ったエネルギーで賄えれば、月間の光熱費は基本料金を除いてゼロに近い数字になるでしょう。近年の電気代やガス代の高騰で家計を圧迫しているなかで、光熱費を抑えられることは一番のメリットと言えます。
また、ZEH水準の性能の家は夏は涼しく冬は暖かい室内環境を実現でき、少ない光熱費で快適な暮らしが送れるでしょう。

さらに、新築住宅に限りますが、住宅ローン控除の借入限度額が一般住宅などに比べて増額されることもメリットと言えるでしょう。住宅ローン控除の借入限度額は、2023年の入居で4,500万円、2024年と2025年に入居で3,500万円です(一般住宅の新築では2023年入居で3,000万円、2024年以降の入居は原則0円、中古住宅は2023年~2025年の入居で3,000万円です)。

ZEH住宅を導入するデメリット

・導入のコストが高い
・太陽光発電は定期的なメンテナンスが必須
・デザインや間取りが制限されることもある

最も大きなデメリットは、導入コストが高いことです。高断熱・高気密・エネルギーの創出をするには、多くの設備投資が必要となります。例えば、太陽光発電を導入するには、太陽光パネルの設置が必要です。
次に、太陽光発電は故障やトラブルが少ないものではありますが、経年劣化による太陽光モジュールの発電効率が低下するため、定期的なメンテナンスは必須です。
長年メンテナンスを放置するとパワーコンディショナーなどの発電に関する機器の故障と、太陽光パネル自体の不具合(パネルを設置したネジが緩み強風で飛ばされ、歩行者に怪我や近隣建物を損傷させるなど)により被害を負わせる恐れもあります。

最後に、ZEH住宅を目指そうとするときに間取りなどが制限されるケースがあります。また、デザイン等も希望通りにならない可能性もあるため、導入の際には住宅事業者と十分な打ち合わせを行っておきましょう。

補助金制度

マイホームと補助金
ZEHの基準を満たし、SIIに登録されているZEHビルダー/プランナーが関与(建築、設計又は販売)する新築住宅では、ZEH支援事業の補助金を受けられます。
2023年6月現在の補助金の金額は、1戸あたり55万円です。また、補助対象住宅に蓄電システム(定置型)を導入すると2万円/kWh、補助対象経費の1/3又は20万円のいずれか低い金額を加算できます。

>>その他、大分市で受けられる住宅補助金や減税制度について詳しくはこちら!

申請方法

家とお金について悩む女性
補助金の申請は、WEB上の「戸建ZEH補助金申請ポータルサイト(以下ZEHポータル)」から行います。
2023年度の場合、補助金の申請期間は「2023年4月28日(金) ~ 2023年11月10日(金) です。また予算額は予め決まっており、先着順で予算に達し次第終了となるので早めの申請がおすすめです。また、申請方法は以下のような流れとなります。

【申請方法の流れ】

※個人申請で代行事業者を介さない場合
① ZEHポータルにログインする
② 申請事業・公募区画を選択し申請書を作成する
③ 情報入力
④ 申請完了

大分市の地域情報 

地域のZEH基準、HEAT20基準の具体的なUA値は、以下のとおりです。
地域のZEH基準、HEAT20基準のUA値
大分市内の地域区分は、5か6です。住宅の断熱性能を示す「UA値」は、0.87とされています。UA値は、熱の逃げやすさを示す数値なので、UA値が小さいほど熱が逃げにくく断熱性能が高いと言えます。
R+house大分西が建築する住宅のUA値は、平均で0.46と基準を上回っており、断熱性能に優れた住宅を提供しています。

>>注文住宅に必要な性能とは?大分市の住宅の性能基準をご紹介

大分市の気候

大分市は、瀬戸内海の別府湾に面しており、比較的年間を通じて温暖な気候で雨は少ない地域です。2020年の気象データによると、年間の平均気温は15.3℃、年間の降水量は1858㎜、冬場の晴天日が多いのが特徴です。

雨が少なく冬場を含めて晴天日が多いことからも、太陽光発電には適した立地と言えます。

>>大分市の気候について紹介!台風や豪雨に耐えられる家づくりのポイントとは

大分市でZEH住宅をご検討している方はR+house大分西へ!

目が届きやすい開放的なLDK
大分市でZEH住宅をご検討ならR+house大分西へお問い合わせください。
R+house大分西では、皆様と共に理想の家造りのお手伝いをしています。また、今後注目されるZEH住宅についても積極的に取り組んでいます。
大分市での注文住宅建築に、最先端のエコ性能を備えたZEH住宅をご検討なら、R+house大分西にお任せください。

>>ZEH基準を大きく超える高性能住宅「R+house」についてはこちら!
#注文住宅 #新築 #高気密 #高断熱 #ZEH #補助金 #家づくりの基礎知識 #性能

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house大分西の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.04

高気密・高断熱住宅とは?大分市は何地域?

R+house大分西の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.04

上手な土地探しのポイントとは?自然いっぱいの大分市の特徴と魅力

R+house大分西の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.04

建ぺい率・容積率とは?大分市で納得のいく土地選びのために基本を知ろう

R+house大分西の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.04

新築の外構工事を計画する前に!基礎知識や後悔しないポイントを確認しよう

前へ
注文住宅を建てるなら知っておきたい断熱性能!大分市の気候も解説
大分市の住みやすさは?交通利便性と騒音への対策も解説
次へ
注文住宅を建てるなら知っておきたい断熱性能!大分市の気候も解説
大分市の住みやすさは?交通利便性と騒音への対策も解説

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

お客様の声
いただいたお客様の声を紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

R+house大分西の家づくり写真

強み・こだわり

R+house大分西は、「R+houseによる家づくり」「GARDENS GARDENによる庭づくり」をトータル提案しています。
いい家はいい家づくりから、建築家とつくる飽きのこない唯一無二なデザイン、夏は涼しく冬は暖かい高性能な住宅を提供します。

R+house大分西の家づくり写真
おしゃれな注文住宅の写真を紹介します

R+house大分西の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

大分西studio
住所
大分県大分市寒田1057-1 calm1 2階
幕張model
住所
千葉県千葉市花見川区幕張町5丁目417-7 幕張ハウジングパーク区画22
八千代studio
住所
千葉県八千代市島田台790-1