建築家と建てるおしゃれで高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

注文住宅の気密性と光熱費の関係は?気密性が必要な理由と大分市での家づくりで気密性を高めるポイント

家づくりノウハウ
公開日:2023.12.26
最終更新日:2024.02.04
R+house大分西の家づくり写真
R+house大分西の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.12.26
最終更新日:2024.02.04

注文住宅の気密性と光熱費の関係は?気密性が必要な理由と大分市での家づくりで気密性を高めるポイント

キッチン腰壁に見せる棚があるLDK
長い間快適に暮らせるマイホームを実現するには、気密性が鍵を握ります。この記事では、注文住宅に気密性が必要な理由と気密性を高めるポイントを紹介します。後半では、大分市の気候やZEH区分などにも触れています。なぜ気密性が重要なのか理解するためにも、参考にしてみてください。

目 次

住宅に気密性が必要な理由

高気密高断熱住宅とすきまが空いている住宅の違い
住宅の気密性とは、住宅の隙間をできる限り少なくして室内外の空気の出入りを減らす性能のことです。まずは、なぜ住宅に気密性が必要なのか詳しく解説していきます。気密性の重要性を把握するためにも、ぜひ参考にしてみてください。

断熱性能を維持するため

住宅の断熱性能とは、室内外の熱の移動を遮断する性能のことです。断熱性能を高めると、夏は涼しく冬は暖かい住まいを実現できます。

しかし、いくら断熱性能が高くても気密性が低いと、住宅の隙間から暖かい空気や冷たい空気が逃げてしまいます。その結果、断熱性能を充分に発揮できず、快適な住環境を維持できなくなってしまうのです。住宅の持つ性能の1つである断熱性能をしっかりと発揮するためにも、気密性を高めることが大切です。

>>注文住宅の断熱工法とは?外断熱や内断熱、基礎断熱の違いや特徴を紹介

光熱費を削減するため

気密性の低い住宅は隙間が多いため、室内の温度を維持しにくいです。例えば、真夏に冷房を稼働させていても隙間から冷気が逃げてしまうので、冷房をフル稼働させ続けなければなりません。

一方で、気密性の高い住宅は隙間が少なく、外気温の影響を受けにくいです。一度室内を適温にできれば、室温を維持しやすいです。断熱性能が高い住宅であれば、魔法瓶のように室温の温度を維持できるでしょう。その結果、冷暖房をフル稼働させる時間が減り、光熱費の削減につながります。

経済産業省の省エネルギーに関するページ内でも住宅の気密性は暖冷房エネルギーを少なくする大切な要素として紹介されています。

参考元:経済産業省『住宅による省エネ』

>>注文住宅の断熱性能とは?大分県大分市のUA値による室温と光熱費を比較

壁内結露を防ぐため

窓の結露
気密性が低く住宅に隙間があると、湿気を含んだ空気が屋根裏や壁内に入り込みやすくなります。湿った空気が溜まると結露が発生し、気付かないうちに下記のような住宅性能の劣化を招きます。

・断熱材にカビが生える
・柱や梁が腐食する

この状態を放置すると断熱性能が低下し、新築時の住宅性能を維持できなくなります。柱や梁が腐食した場合には、耐震性能に影響が出ることも考えられるでしょう。壁内結露を防ぎ住宅性能を維持するためにも、気密性は欠かせません。

均一な換気を行うため

気密性が低いと室内の空気の流れが乱れてしまい、均一な換気ができません。24時間換気システムを設置しても正常な給排気がしにくくなり、汚れた空気や二酸化炭素が溜まる場所が発生する可能性があります。

気密性が高いと室内の空気の流れを整えることができ、効率よく換気が行えます。住宅の隙間からフィルターを通さない汚れた空気が入り込むことも少なく、室内の空気の質を一定に保ちやすくなります。

気密性能C値とは

住宅の疑問
住宅の断熱性能を維持し光熱費を削減するためには、気密性が大切なことがお分かりいただけたでしょう。では、住宅の気密性の高さはどのように判断すればいいのでしょうか?

住宅の気密性は、C値で可視化できます。C値とは、住宅にどれくらい隙間があるのか示す値です。「住宅全体の隙間面積÷延べ床面積」で算出でき、C値が小さければ小さいほど隙間のない高気密な家だと判断できます。

住宅のC値は気密測定を行い、可視化することが可能です。気密測定は専用の機器を使用して、断熱気密層が完成したタイミングと住宅が完成したタイミングに実施することが多いです。

C値の日本の目標は5.0ですがR+house大分西の標準は1.0以下に設定しており、厳格な基準で高気密な住宅を実現しています。

住宅の気密性を高める3つのポイント

黒板に書かれたポイントの文字と電球のイラスト
ここでは、住宅の気密性を高めるためのポイントをご紹介します。気密性を高めるにはどのような工夫ができるのか参考にしてみてください。

① 気密性を高める部材を採用する

住宅内で下記のような部分は、どうしても隙間が生まれやすいです。

・給気口や配管周り
・コンセントボックスやスイッチ付近
・窓や玄関など開口部分の周辺
・エアコン用の後付け穴周辺

例えば、給気口や配管が貫通している部分は、隙間が生まれやすいです。気密シートや気密テープなどの部材を使い隙間をしっかり埋めることで気密性を高められます。

② 気密性を高める設備を選択する

窓や玄関などの開口部は、隙間が生まれやすい部分です。下記のような設備を選択するだけでも、気密性を高められます。

・引き違い窓や上げ下げ窓、玄関引き戸を減らす
・日差しのみを取り入れたい場所にはFIX窓(開閉できない窓)を採用する
・縦すべり窓や滑り出し窓を採用する

とくに引き違い窓や玄関引き戸は隙間ができやすく、気密性が低下しやすいです。縦すべり窓などの片開き窓を採用することで、気密性を高められます。

③ 施工力のある工務店や住宅メーカーに依頼する

いくら気密性を高める部材や設備を使用しても、細部まで気密処理ができる工務店や住宅メーカーに依頼しないと住宅に隙間が生まれます。

住宅における気密性の大切さを理解し、高い施工力と知識で適切な気密処理のできる工務店や住宅メーカーを選ぶことが大切です。

大分県大分市の気候やZEH、HEAT20基準

ZEHの積み木と家
大分市は都市基盤と豊かな自然のバランスがよく、様々なライフスタイルを叶えられる地域です。県外からの移住支援に力を入れており、大分県内外の人がマイホームを検討しやすい環境が整っています。

大分市の年間平均気温は21.1度、年間日照時間は1,992.4時間と比較的温暖な気候です。積雪はほとんどなく、雪に対する備えは不要でしょう。積雪がないことと日照時間の長さを活用して、太陽光発電設備を設置することも検討できます。

一方で、夏の暑さが厳しいときがあるので、高断熱・高気密な住まいで室内温度を快適に保つことが求められます。また、過去に台風や大雨による災害が発生しているため、ハザードマップを確認しながら台風時のリスクを確認しておくことが大切です。

>>大分市で台風や豪雨に耐えられる家づくりのポイントとは?詳しくはこちら

大分市の地域区分は5と6に属しており、ZEHとHEAT20のUA値は下記のとおりです。
大分市の地域区分の表
大分市のEHとHEAT20のUA値の表
R+house大分西では⽇本の断熱化基準である省エネ基準0.87を上回る0.46を平均値に設定し、より高断熱な住まいを提供しています。

参考元:大分市『大分市高潮ハザードマップ』
参考元:大分県『大分県の過去の災害』
参考元:国土交通省『地域区分新旧表』
参考元:大分市公式サイト『大分市移住応援サイト』

>>ZEHとは?大分市で建てるZEH住宅のメリット・デメリットや制度も詳しく解説

高気密住宅はR+house大分西にお任せください

ウッドデッキのある黒いスタイリッシュな外観
R+house大分西は「高断熱・高気密・高耐震」にこだわり、住宅における高性能値を基準とした住まいを提供しています。高断熱・高気密な住まいで季節を問わず快適に暮らせます。

また、建築家と家づくりができるので、土地の特性や家族の思いを踏まえた建築家ならではの提案ができます。大分市の豊かな自然を活かす外構を踏まえたトータル提案も可能です。

R+house大分西では、随時住まいづくりに関するイベントを実施しています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

>>大分市で高性能・高品質な注文住宅が建てられるR+house大分西の家づくり
>>R+house大分西で現在開催中の家づくりイベントはこちら
#大分県大分市#外構 #注文住宅 #新築 #R+house #エコな暮らし #高気密 #ZEH #個別相談 #家づくりの基礎知識 #設計 #デザイン #性能 #工務店

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

R+house大分西の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.04

高気密・高断熱住宅とは?大分市は何地域?

R+house大分西の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.04

上手な土地探しのポイントとは?自然いっぱいの大分市の特徴と魅力

R+house大分西の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.04

建ぺい率・容積率とは?大分市で納得のいく土地選びのために基本を知ろう

R+house大分西の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.02.04

新築の外構工事を計画する前に!基礎知識や後悔しないポイントを確認しよう

前へ
大分市で注文住宅を建てるには換気が大切!換気が必要な理由と換気の種類を紹介
大分市で注文住宅を建てるには換気が大切!換気が必要な理由と換気の種類を紹介

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

お客様の声
いただいたお客様の声を紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

R+house大分西の家づくり写真

強み・こだわり

R+house大分西は、「R+houseによる家づくり」「GARDENS GARDENによる庭づくり」をトータル提案しています。
いい家はいい家づくりから、建築家とつくる飽きのこない唯一無二なデザイン、夏は涼しく冬は暖かい高性能な住宅を提供します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

大分Studio
個別相談会
2024年2月01日~4月30日
【大分市】大分西studio 初めての家づくり座談会開催中
参加費無料

R+house大分西の家づくり写真
おしゃれな注文住宅の写真を紹介します

R+house大分西の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

大分西studio
住所
大分県大分市寒田1057-1 calm1 2階
柏たなかstudio
住所
千葉県柏市小青田5丁目5−1werdenビル1F
かしわ沼南model
住所
千葉県柏市大島田2丁目2-1 かしわ沼南住宅公園内
幕張model
住所
千葉県千葉市花見川区幕張町5丁目417-7 幕張ハウジングパーク区画22
八千代studio
住所
千葉県八千代市島田台790-1
守谷studio
住所
茨城県守谷市松ケ丘3-20-1
GARDENS GARDEN 大分北南
住所
大分県大分市寒田1057-1 calm1 2階